2009年 03月 10日
皓台寺
今日はお散歩日和になりました。
昨年、菜の花が綺麗だったのを思い出して、皓台寺へ行ってみました。
アララ~~あんなにたくさん咲いてたのに!
黄色い菜の花が全くなくなってました~。 去年はこちら

a0065498_162696.jpg






隅っこに少しだけ残ってました。^_^;

a0065498_1675117.jpg


上からの眺めです。お庭が変わって、綺麗になってるような気がしました。
奥には皓台寺幼稚園があります。 今日はキャングルジムで記念撮影のようです。

a0065498_16195450.jpg
a0065498_1620520.jpg


皓台寺横の道、「へいふり坂」。 おならとは違いますよ。

「寛永15年(1638)、当時寺町周辺(現在の諏訪町)にあった諏訪神社の大鳥居を造るため、石材を風頭山から切り出し運んだ。あまりの石の大きさに人々が思いあぐねているところ、一人の宰領が突然石の上で御幣を振って励まし、何とか石材を麓へ下ろす事ができたという。この話が坂の名前の由来。つまり「幣振り坂」。

a0065498_16271845.jpg


長崎はホントに急な坂が多いですね。
へいふり坂をさらに上ると風頭山に登れます。
昔、主人と子供たちと一緒に一度だけ風頭まで上ったことがありますが、
今はもうそんな元気はありません!!(-_-;)

a0065498_16304385.jpg


途中に楠本イネ(シーボルトの娘で、日本人初の女医)の
お墓があるようですが、それは次回に・・・
[PR]

by kubaba | 2009-03-10 19:50 | 長崎いろいろ | Comments(8)
Commented by 元気ばば at 2009-03-11 05:52 x
お近くにこのような素敵な散歩道 いいですね~~
思わず足がのびそうです。
Commented by Happyばあば at 2009-03-11 07:36 x
去年の菜の花覚えていますよ~
今年はどうしたんでしょうね。
私も風頭公園は行ったことありません。
TVでは何度も見ましたが・・^-^
「おすわさん」という呼び名懐かしいですね~
年配の方が電車の中からでもおすわさんに手を合わせられてたのを思い出しました。
Commented by shinobueakira at 2009-03-11 11:05
お寺の写真を見ると、昨年9月の四国八十八箇所お遍路旅を思い出します。
長崎の町は坂道が多く、情緒がありますが、高齢者にとってはつらい坂道かもしれませんね。
それでも若い頃から慣れた坂道だから元気な高齢者が多いかもしれませんね。
足腰だけは鍛えておかないと、一般的に高齢者が体調を崩すのは足を故障して動けなくなる事が原因のようですから、団塊世代の私としても運動は継続したいと思っています。
Commented by ようばば at 2009-03-11 13:35 x
長崎のお寺は立派ですねえ。坂道も尾道とはまた違う情緒を感じます。
次回のおイネのおはなし楽しみです。
岡山の中心部の商店街の1本東の通りにオランダ通りというのがあります。
おイネが医者の仕事を始めた場所にちなんで最近名づけられおしゃれに
なってきています。
Commented by kubaba at 2009-03-11 15:56
元気ばばさま
散歩道はたくさんなるのですが、坂が多くて大変です。
運動だと思えば良いんですけどね。^^;
Commented by kubaba at 2009-03-11 16:01
happyばあばさま
去年の菜の花が綺麗だったので行ってみたのですが、
お庭を整備なさったようですね。 私には残念でした~
風頭公園には桜やアジサイの花がたくさん植えてあるようです。
時季を見て行ってみたいと思っています。
地元では「おすわさん」と言って親しまれています。
またおくんちには賑わうことでしょう。
Commented by kubaba at 2009-03-11 16:06
shinobueakiraさま
四国のお遍路の旅、懐かしいでしょうね。
若いころは坂があっても気にならなかったのですが、
最近ではなるべく平らなところを選んで、周り道してしまいます。
運動だと思えば、足腰鍛えられて良いんですよね~
分かってはいても体がついて来なくなりました。
無理は禁物、怪我したら大変ですものね。^^;
ほどほどに運動を続けたいと思っています。
Commented by kubaba at 2009-03-11 16:22
ようばばさま
ココは寺町通り、お寺がたくさん並んでいて、名前が覚えられません。
尾道には行ったことがありません。良いところなんでしょうね。
イネさんはしばらく岡山の石井宗謙のもとで産科学を学んだ!と書いてあります。
おイネのお墓に是非行かなくてはいけませんね。


<< 散歩の途中で・・・      ”おすわさん” へ >>