2009年 02月 17日
長崎平和公園
「平和祈念象」
この像は神の愛と仏の慈悲とを象徴し、右手は、天を指して原爆の脅威を示し、
水平に伸ばした左手は地上に恒久平和あらしめよと人類に諭し、
瞼を軽く閉じて犠牲者のめい福を祈っているそうです

a0065498_2133207.jpg






「平和の泉」
平和の象徴といわれる「鳩」の羽ばたきと「鶴」の羽根をイメージした
直径18メートルの円形の噴水。7mの高さに噴水を上げる。
この日は風が強くしぶきが散って鶴の羽根には見えませんでした。
でもこんな日は虹が見えます。

a0065498_2143559.jpg


噴水から平和像へ向うと、左側にモニュメント、右に長崎の鐘があります

a0065498_2145148.jpg


「平和の像」 ソビエト連邦共和国より寄贈 
a0065498_21503910.jpg

「人生の喜び」 チェコスロバキアより
a0065498_21514985.jpg


「長崎の鐘」
33回忌の1977年に建立された動員学徒、女子挺身隊、徴用工、一般市民の
原爆殉難者の冥福を祈るため掲げられたそうです。
a0065498_21585174.jpg


「折り鶴の塔」 平和像の両側には折り鶴の塔があります。
a0065498_2254583.jpg


平和公園にはこのほかにもたくさんのモニュメントがあります。
興味がある方はこちらでどうぞ
[PR]

by kubaba | 2009-02-17 23:53 | 長崎いろいろ | Comments(2)
Commented by 8chantomei at 2009-02-18 21:31
たくさんの銅像、戦争の残虐さと、平和への祈りが伝わってきます。
世界中に戦争がなくなるといいですね。
平和の時代がずっと続いてほしいです。
Commented by kubaba at 2009-02-19 15:37
8chantomeiさま
世界の国々から寄贈されたモニュメントがたくさんあります。
世界中の人々が平和を望んでいるのですね。



<< 2月三人会  「のさ庵」      浦上天主堂 >>