2008年 10月 28日
「おくりびと」・・・
土曜日、友達から「映画のチケットがあるから一緒に行かない?」と、
電話がありましたが、行けませんでした。
一枚だけど、、と、私の分のチケットを送ってくれました。

今日はそのチケットで「おくりびと」を観てきました。 
一人で映画だなんて初めてでしたが、一人ででも行きたかったのです。

「納棺師」という仕事があることも知りませんでした。
いろんな人生を終え、誰もが最後はお別れのときを迎えます。
身ぎれいにして送ってあげたい、そんな遺族の気持ちに応える。
その所作がとても気持ちいいものでした。

本木雅弘さんが素敵な役者さんになってるのにもビックリしました。
峰岸徹さんがモックンのお父さん役でしたが、遺体の役でした。
この撮影の後、本当に亡くなられたのですね。
途中笑えるところもあったのですが、何度も目頭が熱くなりました。
死ということに敏感になる年齢になったってこともあるのでしょうね。
本当にいい映画でした。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今日の映画はココウォークのTOHOシネマでした。
始まる前に少し時間があったので、屋上へ行ってみました。
ココはカフェテリアも併設されていました。
向こう側には あの大きな観覧車が見えます
a0065498_2329178.jpg







こちら側は屋上庭園になっています。
お庭を見ながらお友達とノンビリお話ができそうなところです。

a0065498_23385258.jpg

お庭は宝石をイメージして造られてるそうです
a0065498_2340111.jpg

a0065498_23411895.jpg


ベンチに座ると真ん前には大きな観覧車の足の部分がデ~ンと、、、
周りの景色は望めませんでした。^^;
a0065498_2342106.jpg


観覧車も動いていましたが、乗ってるのは一個だけでした。
誰も乗ってなくてもズッ~と回っているのでしょうか?
この観覧車の箱は枇杷をイメージして造られたそうですよ。

日曜日、あいてる席がなくて困ったフードコートも
今日は小さいお子さん連れがボチボチでした
a0065498_2353465.jpg

あの大賑わいのキッズコーナーも2~3人しか見えませんでした。
a0065498_23544479.jpg


映画も24~5人でした。
平日なので一人だったらどうしよう!と思っていたのですが、
良かったです~

チケット送っていただいてありがとう・・・
そして今日もいい一日でした・・・感謝です~


[PR]

by kubaba | 2008-10-28 23:59 | diary | Comments(0)


<< グループホームへ      cocowalk ・・・2回目・♪ >>