2008年 08月 15日
精霊流し ・・・ ★
今日は8月15日終戦記念日ですね。
長崎の街は精霊流しで賑ってました。
まだ少し明るいうちに思案橋方面へ行ってみました。
丁度料亭・「松亭」のお船が見えました。
女将さんが亡くなられて、初盆を迎えられたのです。
山の上の建物はホテル矢太郎、空には白いお月様が見えてます。
a0065498_22543156.jpg







a0065498_2303596.jpg


a0065498_23232.jpg


大きな船が来ているようです。
東浜町のモヤイ船、町内でなくなった方々のために皆で作るお船です
a0065498_2353258.jpg


東浜町の船を反対側から撮ってみました。
a0065498_2362014.jpg


次も樺島町のモヤイ船のようです。
樺島町といえばおくんちの出し物がコッコデショーですね。
こちらの船は車をつけないで、毎年皆で担いでいらっしゃいます。
a0065498_239172.jpg


ココは十字路、前の道からも船が出てきます。
方向転換をして前の船に続きます。
a0065498_23281620.jpg


だんだん暗くなり爆竹の音がすごくて隣とのお喋りも全く聞こえません。
時折、花火の箱全部に引火して火事みたいになり、スゴイ煙が上がります。
a0065498_2313175.jpg


足元はこんな状態です。まだ明るいうちでした。
最後はどんな状態になるんでしょうね。
a0065498_23141753.jpg


今年は特に爆竹の音がひどくて鉦の音もあまり聞こえない状態でした。
見物人は皆耳を手で押えています。
a0065498_23165354.jpg


孫たちも一緒に行ったのですが、爆竹がうるさくて話も出来ないしで
30分程で家に帰り、ベランダでノンビリ花火をして遊びました。

去年の精霊流しはこちらです


[PR]

by kubaba | 2008-08-15 23:30 | 長崎いろいろ | Comments(4)
Commented by ぐ~ at 2008-08-16 08:05 x
松亭は、友人の結婚式に招かれて行きました。店仕舞いもされてましたね。
喧騒の中に、故人にいない寂しさが募ってきます。
この中には耳栓無くしては居れませんよね。見物人は、葬送に退散したほうが賢明です。
腰の按配、良さそうですね。痛みが減ってきましたか~。
Commented by koneko2y at 2008-08-16 18:04
昨日の写真で見たときは精霊船の大きさがわかりませんでしたが、
丁度料亭・「松亭」のお船は大きいものですね。
精霊船は皆さんの想いをのせて流れて行くのですね。
ちょっとイメージからは離れていて驚きましたが、
その賑やかさにも意味があるのでしょうね。
Commented by kubaba at 2008-08-21 21:36
ぐ~さま
返事が遅くなってごめんなさい!
一週間休暇をいただいてました。〔汗〕
松亭の女将さんはおくんちのテレビなどにも時々出てらっしゃいましたね。
毎年のことながら精霊流しの爆竹にはあきれてしまいます。
腰の痛みはほとんどなく、逆に無理をしてしまいそうで心配です。
ありがたいですね。感謝です~
Commented by kubaba at 2008-08-21 21:49
koneko2yさま
返事が遅くなってごめんなさい!
「精霊流し」は、故人の霊を船に乗せ、極楽浄土へ送り出すのですが、
長崎の精霊流しはとにかく爆竹の音がすさまじいのです。
耳栓なしではいられない・・
この爆竹でお清めをしているそうです。


<< 入院してました~~       お墓参り >>